暮らしの提案

暮らしの提案

【風水】玄関の鏡はどう置くのが適切?大きさ・位置・形など

玄関に鏡を置くと開放感を演出でき、外出前の身だしなみチェックにも便利です。夢のマイホームを手に入れる時だからこそ、風水的に良い玄関の鏡を選びたいですよね。今回は、風水に良い玄関の鏡の置き方や大きさ・形などを紹介します。窓の位置や方位によって運気の低下を招かないよう、風水でNGとされる鏡の置き方も念のためチェックしておきましょう。マイホームのプランを立てる際には玄関の鏡についても意識して、運気がアップする家づくりを実現しましょう。


風水では玄関に置く鏡の位置は右側・左側が最適

風水では、家の外から玄関のドアを開けて左側または右側に鏡が見えるように置くと最適だといわれています。玄関は家の入り口であると同時に、すべての運気の入り口になるので、玄関の鏡は風水的に深い意味を持っています。家の中から玄関を見て鏡の位置を決めると、家の運勢が大きく変わってしまうので注意が必要です。鏡の大きさ・形やフレームの色でも風水の効果は変わりますが、鏡の位置で期待できる運勢は以下のようになります。

鏡の位置 特徴 期待できる運勢
左側 楽しさ・輝きの象徴 金運・恋愛運がアップ
右側 若さ・ハツラツさの象徴 仕事運・対人運・健康運がアップ

また、四神相応という考え方では家の外から玄関を入って左側が青龍(東)、右側が白虎(西)を意味します。青龍は災いを振り払う「攻め」の姿勢、白虎は邪気を遠ざける「守り」の姿勢を持つとされています。そのため、家の中から玄関を見て鏡の位置を決めると、家の運勢が大きく変わってしまうのでご注意ください。

風水で玄関に置くと良い鏡の条件一覧

玄関の鏡は風水的に重要ですが、インテリアとしても重要な意味を持つアイテムです。風水的に良いといわれる鏡の大きさ・形や額縁の色を参考にした上で、玄関に置く鏡を選ぶようにしましょう。

大きさ

玄関に置く鏡の大きさは30cm以上、できれば姿見程度の大きさが風水的に良いとされています。鏡が大きいほど多くの運気を取り込むことができ、エネルギーを高めて家を良い気に満ちた状態にできるからです。一方、鏡が極端に大きすぎたり、顔全体が映らない位置に設置したりすると運気が下がるので注意しましょう。風水面からみた鏡選びのポイントを、鏡の大きさごとに紹介します。

鏡の大きさ 風水面からみた注意点
姿見 ・全身が映るものを選ぶ

・気の乱反射を防ぐため壁と水平に設置する

壁掛け ・かがまずに全身が映る位置に設置する

・大きすぎる鏡は人間関係や事故などのトラブルを呼ぶ恐れがある

卓上タイプ ・顔全体が映るサイズを選ぶ

鏡の形

鏡の形でも、風水の効果は変わるといわれています。玄関インテリアの雰囲気や後述するフレームの色を考えながら、望む効果に合わせて鏡の形を選びましょう。

鏡の形 風水の効果
八角形 ・方角的にバランスが取れた形状

・金運や才能のアップに効果的

円形 ・円満・調和を象徴する形状

・人間関係をはじめ全体運のアップに効果的

楕円形 ・気を拡散させる形状

・対人運のアップに効果的

正方形 ・安定・保持を象徴する形状

・邪気を反射するので魔除けに効果的

縦長 ・成長・発達を象徴する形状(「木」の気)

・出世運・勉強運のアップに効果的

横長 ・安定・保護を象徴する形状(「土」の気)

・家族関係や心の安定に効果的

鏡のフレーム・額の色

鏡のフレームの色も、風水では重要なポイントの一つです。玄関の鏡と相性が良いといわれる色を5種類紹介します。

フレームの色 風水の効果
水色 ・精神を落ち着かせ、冷静な判断ができるようになる色

・対人運のアップに効果的

青色 ・集中やタイミングの意味があり、東の方位と相性が良い色

・仕事運・勉強運のアップに効果的

ピンク色 ・愛情や安心を象徴する色

・パートナーとの信頼向上や結婚運のアップに効果的

金色 ・金運や高級感を表す色

・金属製のフレームが金運アップに効果的

白色 ・浄化やリセットを象徴する色

・人間関係・金運アップや気を整えるのに効果的

なお、格調高さや信頼感を印象づけるために黒色のフレームを選ぶ人もみられます。北の方角と相性が良い反面、秘密・拒否といった印象を与える可能性があるため、フレーム選びの際は慎重な判断をおすすめします。

風水でNGな玄関の鏡の置き方と対策

玄関の正面鏡はNG

玄関を入った正面に鏡を置くと、入ってきた良い気も悪い気もすべて跳ね返してしまいます。その結果、家の中の「気」のエネルギーの循環も妨げられ、結果として良い運気が入ってこなくなるのです。お金が貯まらない「漏財宅」になる恐れもあります。

玄関の正面しか鏡の置き場がない場合でも、鏡を使わない時にカバーをかければ正面鏡にはなりません。鏡の前に観葉植物を置いたり、鏡を斜めに設置したりするのも対策の一つです。

合わせ鏡はNG

さまざまな運勢を上げようと玄関の左右に鏡を置くと、合わせ鏡となり逆効果になります。鏡が吸収した気のエネルギーが反発しあって、家の中の気が停滞してしまうからです。合わせ鏡に映った人の運気を下げるだけでなく、映った人が目の錯覚を起こす可能性もあります。できる限り玄関の鏡は左右どちらかに置くようにしましょう。2つ以上の鏡を置きたい場合はそれぞれの鏡に布をかけておき、同時に鏡を使わないようにします。なお、2つ以上の鏡を置いても別の鏡が映らない状態であれば、合わせ鏡にはなりません。

鏡に窓が映り込むのはNG

窓が映り込む位置に鏡を置いた場合も、合わせ鏡と同じ状態になります。せっかく鏡で良い気を取り込んでも、鏡に映った窓から外に気を放出してしまうので要注意です。気のエネルギーが反発しあうこともあります。窓が映らない位置に鏡を置くか、鏡にカバーをかけたり窓のカーテンを閉めたりして、合わせ鏡の状態にならないように対策しましょう。

鬼門・裏鬼門の方角に置くのはNG

鬼門(北東)と裏鬼門(南西)を結ぶ「鬼門・裏鬼門ライン」上に鏡を置くと、人間関係や金銭関係などさまざまなトラブルを呼び寄せる恐れがあります。鏡に霊が映り込みやすくなると言われており、運気も低下してしまいます。鏡を置く前に方位を十分にチェックして、鬼門・裏鬼門の方角には鏡を置かないようにしましょう。

まとめ

玄関の鏡はインテリアとして機能すると同時に、風水面でも大きな意味を持つアイテムです。鏡の大きさ・形やフレームの色によって呼び込める運気は変わる一方、鏡の置き場所を誤ると運気は下がってしまいます。良くしたい運勢について考えた上で、玄関での鏡の置き方を検討してみましょう。

ライフスケッチでは、平屋の注文住宅を建てたいお客様のご相談を随時、受け付けております。「おしゃれな外観の家を建てたい」「こんな生活を実現したいけど、どんな間取りがベスト?」など、気になる点はなんでもご相談ください。

Webサイトにて注文住宅に関する情報も発信しています。疑問点がある方はヒントになるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

◆◆ ライフスケッチの施工事例をみる

◆◆ 家づくりのご相談はこちら

◆◆ 無料でカタログをお取り寄せ

ライフスケッチスタッフのおすすめ施工事例

CASE001

奈良県の家

北側に設けたハイサイドライトから光を取り入れた平屋

CASE009

生駒郡の家

エントランスの鉄骨階段、採光計画と全館空調で居心地の良さを追求した家

CASE006

大和郡山市の家

シンプルなデザインを基調としたヌックのあるほぼ平屋の家