suggestion

suggestion

【事例あり】おしゃれな注文住宅3選|外観・内観のポイントも

おしゃれな住まいを実現するためには、完成図のイメージをしっかり持つことが大切です。 とは言っても、頭の中に思い描く想像図をまとめるのは、難しいかもしれません。そんなときは、実際のおしゃれな家を参考にして、自分たちの家づくりのイメージを固めましょう。 また、これから注文住宅をつくる方は、住まいをおしゃれにするポイントを抑えることも大切です。 この記事では、おしゃれな注文住宅を求める方に向けて、ライフスケッチがお手伝いをしたハイセンスなお宅をご紹介します。理想の住まいを叶えるポイントについても解説するので、ぜひ、参考にしてください。


おしゃれな注文住宅事例3選

おしゃれな注文住宅を計画する際は、実際に建てられた住まいを参考にするのがおすすめです。

これから注文住宅を建てる予定の方に向けて、ライフスケッチがお手伝いしたおしゃれな注文住宅を3つ、ご紹介します。

ゆったりとした時間が流れるLDK

こちらのお宅は4LDK+中庭の、広々とした住まいです。外観はすっきりとシンプルな印象ですが、色使いに温かみが感じられます。

中に入ると、木を基調にした空間が広がります。全体的に優しい色合いの中、キッチンはダークカラーを選択。ほどよく空間が引き締まり、おしゃれな印象がアップします。

階段下の空間は、収納スペースに。お気に入りの品や思い出のアイテムを飾る、ベストスポットです。テーブルの向こう側には、本を読むのにぴったりのスペースが。籠った雰囲気が、プライベート感を演出しています。

洗面所はサブウェイタイルを加えてホテルライクに。洗面台下をオープンにすることで、開放感のある空間に仕上がっています。

> この施工事例を詳しく見る

外空間を存分に楽しむ家

家の外観もハイセンスな、4LDKの住まいをご紹介します。こちらのお宅では、外空間を存分に楽しめる工夫が加えられています。

リビングから繋がるバルコニーは、壁を高くしてプライベート感たっぷりなカフェ風の空間に。窓枠の木目が、穏やかな空間作りに一役買っています。

景色を眺めながらのんびり過ごしたいときは、屋上へ。こちらの屋上、じつはちょっと驚きの設備が加えられています。

屋上には、なんとジャグジーを完備。開放的な空間でのんびりとお風呂に入れば、日頃のストレスや疲れがお湯に溶けていくのを感じられるでしょう。

屋内もシックで落ち着いたイメージです。ダークな色合いがメインですが、丸テーブルをはじめとする曲線を多く用いることで、柔らかな印象が強調されています。

> この施工事例を詳しく見る

モールテックスのカウンターで質感のある空間に

エレガントなこちらの住まいは、3LDKの間取りです。大きなリビング階段をスケルトンタイプにすることで、空間に開放感が生まれています。

こちらのお宅の魅力のひとつが、モールテックスのカウンターです。自然な質感が高級感と優しい雰囲気を演出します。

リビングとダイニングスペースは、床材を変えることでゆるく間仕切りました。ダイニングの清潔で洗練された雰囲気とリビングの穏やかな空気が、ほどよく溶け合っています。

階段を登った先に見えるピンクの壁紙も、リビング空間を彩るポイントの1つです。1階には存在しない差し色に、遊び心が感じられます。

> この施工事例を詳しく見る

おしゃれな注文住宅を建てる際のポイント

思い描くおしゃれな注文住宅を実現するには、プランニングの段階で次の6点を意識することをおすすめします。

  • 収納スペースも考慮する
  • 家事動線も考慮する
  • テイスト・色の統一を意識する
  • 全体のバランスに気をつける
  • インテリアのテイストを合わせる
  • 優先順位を決めておく

それぞれの内容について、見てみましょう。

収納スペースも考慮する

おしゃれな家づくりにおいて、収納スペースの充実性は無視できないポイントです。

適切な場所に、適切な広さで収納スペースが設置されていることで、暮らしやすく生活感を感じさせないおしゃれな家づくりが実現できます。

生活導線を意識した上で、収納スペースが必要と思われる場所をピックアップしてみましょう。

また、収納スペースは見える収納・見せない収納のどちらにするのかも、おしゃれな注文住宅を実現する上で重要な点です。

収納する物によっては見せたほうが空間が華やかになることもあります。一方で、生活感が強いアイテムは、見せない収納を選択したほうが良いでしょう。

家事導線も考慮する

「おしゃれ」であることにこだわりすぎた結果、生活や家事がしづらい家になってしまう例は少なくありません。注文住宅を計画する際は、暮らしの動線も意識した上で家づくりをしましょう。

とくに家事動線は、日々の負担を左右するポイントです。

開放的でおしゃれなウッドデッキは、洗面所から近い位置に設置をすれば、洗濯における家事動線の短縮ができます。ワーキングスペースをキッチンから近い場所に置けば、料理をしながら子どもの勉強を見てあげられるでしょう。

このように、家事が少しラクになるポイントを加えることで、快適でおしゃれな家にぐっと近づけます。

テイスト・色の統一感を意識する

空間のテイストがバラバラだと、まとまりがなく落ち着かない印象になってしまいます。家全体のテイストは統一感を持たせましょう。

また、色づかいにも注意が必要です。何色もの色が混在した空間は、雑多なイメージを与えます。使用する色は3色までとし、それぞれを7:2:1の割合で分布させましょう。空間にまとまりが生まれて、おしゃれな雰囲気になります。

まったく別のテイスト・カラーで遊びを加えたい場合は、トイレや洗面所など、狭い空間を活用するのがおすすめです。リビングやその他の部屋とは違う、新鮮な印象を楽しめます。

全体のバランスに気をつける

空間全体のバランスをとるために、床や壁など面積が広い部分はシンプルな素材を選ぶことをおすすめします。個性はオブジェや一部の大物家具、キッチンだけなど、限られたスペースにさりげなく加えるのが、おしゃれな家づくりのコツです。

また、家の外観がシンプルなのに内装は派手だったり、家の中はきれいなのに庭は荒れていたりすると、せっかくのおしゃれな注文住宅も残念な印象になってしまいます。

家の中だけでなく、外から見た印象も重視した上で、注文住宅をつくりましょう。

インテリアのテイストを合わせる

インテリアは全体のテイストを合わせるようにしましょう。

たとえば、ラグジュアリーな空間なのにテーブルや棚がチープな印象では、浮いた存在になってしまいます。ソファーとテレビ台のテイストがちぐはぐであれば、違和感が生じて落ち着かない印象になってしまうでしょう。

家具・床や壁などの内装材・照明などはテイストを揃えるように意識をしてみてください。

また、家の内装と外観のイメージにもずれがないように注意しましょう。

優先順位を決めておく

おしゃれな家づくりをするにあたり、暮らしや住まいに何を求めるのか、優先順位を洗い出してみましょう。

家づくりにかけられる予算は限られています。希望を全て叶えるのは、難しいかもしれません。

優先順位が明らかになっていれば予算の分配がしやすくなり、材料や建材の選択範囲も絞られます。その結果、プランニングがしやすくなるでしょう。

家づくりにおいて譲れない点はどこか、家族で話し合いをして、費用を割くポイントを明確にしてみてください。

まとめ

事例でご紹介したようなおしゃれな注文住宅を実現するには、家づくりのポイントを抑えることが大切です。

ご紹介した内容を参考にして、理想の家づくりの計画を進めてみてください。

ライフスケッチは、奈良・大阪でおしゃれな住まいづくりをする方のお手伝いをしています。家づくりにおける豊かな経験から、ご依頼主さま一人ひとりに沿った、ベストなプランを提供可能です。

奈良・大阪で注文住宅をご検討中の方は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

一緒に理想の住まいを叶えましょう。

> 家づくりのカタログを取り寄せる

ライフスケッチスタッフのおすすめ施工事例

CASE016

和食屋 大月

店舗改修事例

CASE001

奈良県の家

北側に設けたハイサイドライトから光を取り入れた平屋

CASE038

寝屋川市の家

テラスから差し込む光と広々リビング。