Kさまinterview


INTERVIEW Vol.04
THEカリフォルニアテイスト/Kさま



ー家を建てようと思ったきっかけは

奥様※以降奥もともと結婚した当初は賃貸で住んでいたんですけど、お互い一軒家で育っていうこともあって、周りの家のことを考えないといけない賃貸で子育てできるのかなっていうのが疑問に思ったので、子どもができる前に家を建てたいなって。それで家探しを始めました。
ご主人
※以降主ポストによく「月々いくらで建てられますよ」ってチラシが入っていて、そのチラシの値段と家賃と比べたら家賃より安くで建てられると思って。それだったら自分達で後に残る家を建てた方が同じお金を払うにしてもいいのかなと思って。家を建てたなと思って探しました。



ーライフスケッチを知ったきっかけは

もともと違うメーカーさんを見に行ったんですけど・・打ち合わせとかもしてて、その時に旦那に「どうしてもこの家(当社モデルハウス)が見たい」って言われて、「いやいや買わない家を見ても意味ないよ」って言いながら、でも「どうしても!」「もう一生のお願いだから」ぐらいの勢いですごいお願いをしてきたので、じゃあ別に見に行くくらいならいいよって感じで入ったのがきっかけですね。(ご主人うなずく)
インタビュア)どうしてそれほど見てみたいと思られたのですか??

主)屋上のある家に住みたい!と思って入りました。



ー屋上を選んだ理由は

主)屋上がある家ってお金持ちっていうイメージがあったので。お金持ちになった気分になれるというのが一番の理由で、子どもが出来た時に屋上でバーベキューをしたり、プールするにしても周りの目を気にせずプールもできる、自由に遊べるのでいいなと思って屋上がある家にしました。
奥)屋上があるかないかで言ったら、まぁ、あった方がいいかなっていうのがひとつあったのと、旦那のゴリ押しもあったので必然的に(屋上が)着いたっていうのがあったんですけど、あんまり重要視してなくて建てる時は。でも、子供が生まれてすごい分かったのが、やらないといけないことは家の中であるけど、でも子供は家の中で遊ぶには限りがあって。外に行きたいっていうことがすごい多いんですけど、その時に一人で上(屋上)で遊んできてって言っても全然安全だし、事件に巻き込まれることもないっていうのもあって、建ててから屋上のよさっていうのは気づいたんですけど、あってよかったかなって。子供のためにもあってよかったかなってすごい思いますね。



ーライフスケッチを選んだ理由は

主)ひとつは住宅展示場の大きさもありますかね。他のメーカーは70坪・80坪の家(モデルハウスを展示)なので、モデルハウスを見たときに実感がわかなくて
これの半分かと思っても分からなくて。たまたまひとつだけ現実的な大きさの家だったので、自分達の家をイメージしながら(内見)できましたかね。
奥)自分たちの予算をまず決めてその予算に合う、見合ったところをまず選んだんですけど、他の会社さんだったらこれも別途(オプション料金)です別途ですとなって、結局自分たちが思い浮かんでいる予算と本当に出てきた数字が全然違うことが多くて。でもライフスケッチさんは逆に一番高い見積もりを出してくれて、そこから削っていくことは可能ですよっていうのがあって。
主)自分達の建てたい家というのがあったのでそれを叶えてくれるハウスメーカー選びと、自分達が考えている予算内でその自分達が建てたい家を建ててくれるメーカーを探すのが一番慎重になったというか難しかったですね。



ーライフスケッチは高い?

主)高いと思いましたね。最初屋上がついてるんだったら高いのかなと思った。
奥)周りと比べると屋上についている値段がこれか。じゃあ屋上いらんみたいな。そんな使わないのにこの値段は出せないと思う人は多いと思うけど、でも実際は屋上の値段じゃなくって全部の値段を見たら絶対安い!標準のものがすごい自分たちが求めているもの以上のものが付いていて、他のハウスメーカーさんだったらこれはプラスの料金になりますというのでも、そんなことはもう全くなく、もうこれも全部標準ですのでっていうので。一番ハイグレードなものがついていることが多くて、後出しというか別途つけるものが何もなかったというのがすごい私の中では。予算も考えないといけないですし、でも予算以上のものを提示していただけたというのが選んだきっかけでしたね。
主)他の会社の見積もりを持って行ったんですよ。本当にここ(ライフスケッチ)で建てるというより普通に相談しに行ったんですよ。「これ(他社の見積もり)どうなんですか?」「これ高いですね。これより安く建てれますけど」
奥)木の値段とかも(他社は)別途料金がすごく多くて。この木の梁だけは絶対したかったんですけど、他の会社とか100万(追加)とか超えてくるところが多かったんですけど。ここ(ライフスケッチ)は「はい、できますよ」というひと声だけで。「あ、できるんだ」というのですごい安いなというのがあって。やっぱり木の会社なだけあって木関係は安くできるんかなって思いました。※ライフスケッチの親会社は北野木材(木材卸商)


 



ー二階リビングのメリット

主)二階にするっていう発想はもともとなかったんですけど、営業の方の勧めで二階もいいですよと。周りの目も気にならないし。屋上使うにあたっても二階にリビングがあった方がモノを持っていくにしても、使いやすいということでそういう考えもあるんだと思って進められていいなと思った。
奥)隣の家とかとの目線なんですけど、自分たちが夜型っていうのもあって、結構音とかも出るしというのもあり隣と同じ空間で過ごしてたら迷惑をかけるかなっていうのもあって。リビングで大きな音を出しても隣の家は一階がリビングだからあんまり気にならないでいい。カーテンをひとつづつ閉めるっていうのも、夜になったらたいてい閉めるとおもうんですけど、夏の前とかだったら窓を開けてカーテンも開けたいなって思った時に、一階だったらやっぱり見られてるかもっていう気持ちがあるけど。二階でしたら周りからの目はほとんどないに等しいかなっていうのがあって、二階リビングにしてよかったなと思います。

 



ー洗濯物干しについて

次の日が雨予報の日は夜にバスルームで干すことが多くて、次の日が晴れ予報の時は朝にセッティングしといて朝起きてからリビングにつながっているベランダに干すことが多いですね。屋上の物干しは上に持って上がるのもちょっと苦労があるので、布団とか大きなものシーツだったり大判なものを干すときは使いますけど。普段使いで干すっていうのはあまりないですね。
主)屋上に干すのが僕が好きなんで、だいたい屋上に干す時は僕が担当で干しに行くんですけど。夏場はベランダとそう変わらないですけど冬場やっぱり大きいものとかベランダだと乾きづらい物を、屋上でホスト太陽の日も当たるし風も通るので結構早く乾いてくれるので助かってます。



ーこだわりのポイント

主)ホビースペースがあるのが気に入っていて。子どもが小学校中学校くらいになった時に親が見ながら勉強できる空間っていうのがあるのと、物を置くにしてもリビングからだとあまり見えていないところなので、ちょっと片付いていなくても人が来ても見えないのでいいですかね。僕の部屋を設けてないので僕の仕事部屋っていうか自分の趣味ができる部屋みたいになっています。
奥)キッチンですね。もともとこの家を建てると思ったときに自分が一番使うところがキッチンというのもあって、キッチンは好きなものを自分が気に入るものをつけたいと思っていて。いろんな家を見てキッチン結構普通だなって思うことが多かったんですけど、ライフスケッチさんの展示場に行った時に初めてこんなカッコいいキッチンがあるんだというのがあって。絶対このキッチンだけは入れたいってその時点でここに決まりみたいな感じで。家を建てるにあたってどこのメーカーに行ったとしてもこのキッチンだけはというこだわりは持ってました。



ーこれから家を建てる方へのアドバイス

いろんな家を見ることが一つなんですけど、それは住宅展示場もありなんですけど、住宅展示場は大きく作ってハイグレードの物を入れてたり自分たちの身の丈に合ったものかというと、ちょっとかけ離れてることが多いので、できるだけハウスメーカーさんがやっているモデルハウスだったり、建てた人のモデルハウスだったり、今まで建てた人のルームツアーだったりに参加することがすごい大切だなっていうのがアドバイスで。あとは自分のこだわりだったり人それぞれ価値観が違うと思うんですけど、どこにこだわって建てるっていうのを決めたほうが、たぶん自分が満足いく家づくりをできると思います。
主)自分のこだわりを一番に考えてあまりケチらずにある程度の予算は決めて、その範囲内でとにかくこだわりを出していけば、それが自分の帰ってきたい家にはなるかなと思います。