INTERVIEW3

屋上で人との繋がりを楽しむ

生駒郡/Tさま

家建ってからもアフターケアみたいなのもしてくれたりとか、声かけとかも積極的にしてくださったので良かったなと思います。担当の営業さんからの提案が良かったのかなと。だからそんなに悩まずに家づくりを進められたのかなと思いますね。

経済的
一一 家を建てようと思ったきっかけは?
結婚してマンションに住むよりも一軒家に住んだ方が経済的にいいかなっていうのがあったんで、毎月家賃を払うよりも一軒家買ってしまおうということで結婚してからすぐに探しました。それと、いろんなハウスメーカーさんが入ってる家の広告だったんですけど、その中でジャグジーが載ってるメーカーがあったんですよ。もともと露天風呂ほしいなって言ってたんですよ2人で、チラシ見てたら本当にこの家(露天)風呂あるんだってなって。モデルルームに行ってジャグジーを見た瞬間もうここしかないと思って即決しました。他のメーカーには目もくれなかったですね。

景色がいいところ
一一 土地選びについて
土地選びが一番悩みまして。最初は実家に近いところとか職場に近いところで探してたんですけども、屋上の家を建てるとなった上でどこを選ぶかとなった時に景色がいいところを一番優先しようと思いまして、ここは実は全然ゆかりのない場所ではあるんですけど、担当の人から夜景綺麗なところあるけどどうっていうのを勧められて、実際見に行ったらもう夜景に一目惚れしてしまってもうここしかないわとなって、親とかには「なぜそんな遠いところに?」実家からも遠いし職場からも遠い、なぜそこにと言われたりしたんですけど、そこはせっかく屋上のある家を建てるんだからもう振り切って私は私達はここに建てるっていうので、自分たちが一番納得のいく場所を選びました。(後悔)ないです。職場まで30分くらいかかるんですけど毎日通います。こんな夜景があるのならって感じですね。

夢をカタチに
一一 こだわりのポイントは?
床が白がよかったんです。なので床を白にしたりとか。寝室がモデルルームが畳だったんですけど私はベッド派なので、ベッドになるように直してもらったりとかしました。あとは屋上がメインのお家なので屋上ですね。あんまり家の中でここをこうして欲しいっていうのは言ってない気がして、どっちかといったら屋上をジャグジーをここの位置にしたいとか、シャワーの位置はこの辺りにしたいとか、ここ夜景がすごい奇麗なのでこういう角度で夜景見たいから、この位置にバーカウンター置きたいとかそういった打ち合わせはかなりしたと思います。テレビボードの後ろの天然石でしたっけ。これもすごい高級感出ておしゃれだなってとこですね。

屋上を活かせるような土地選び
一一 これから家を建てる方へのアドバイスは?
多分ここの会社を選ぶってことは屋上が好きな人だと思うんです。だから屋上を活かせるような土地選びとかしていかないとダメだと思うんですけど、屋上も含めて何でそんなジャグジーが必要なのかとかや、なぜこんな土地に建てるんだとか言われても自分はジャグジーやっぱり好きだからっていうのとか。屋上が好きだから(思い)を通してお家を作っていって欲しいなっていうのは思います。あとから後悔しないように。一生に一回の買い物だと思いますしまた建てたら建て直しなかなか難しいと思うので、自分が一番納得のいく家を建てるのが一番大切だと思います。
言ったらすぐに要望に応えてくれる
一一 LIFESKETCHを選んだ決め手は?
何でも言いやすい人柄と、言ったらすぐに要望に応えてくれるって言うところですね。連絡がすごくまめなんですよ。業務内容だけじゃなくて最近大丈夫ですかとか体調良いですか困ってることないですかみたいな。家建ってからもアフターケアみたいなのもしてくれたりとか、声かけとかも積極的にしてくださったので良かったなと思います。担当の営業さんからの提案が良かったのかなと。だからそんなに悩まずに家づくりを進められたのかなと思いますね。

インタビュー動画

AND MORE 他のインタビューを見る


INTERVIEW 01
こだわりの間取りで夢を実現/生駒郡 Sさま

INTERVIEW 02
子供の成長に伴った暮らし/奈良市 Mさま

INTERVIEW 03
屋上で人との繋がりを楽しむ/生駒郡 Tさま

INTERVIEW 04
THEカリフォルニアテイスト/Kさま

INTERVIEW 05
共働き夫婦が考える間取りのポイント/Tさま

INTERVIEW 06
ただいま準備中




MASSAGE

ライフスケッチよりメッセージ

感動ある人生のために「住まい」ができること。それは家族との時間を共有する場をつくることだと考えます。どの時代でも、心に残るのは家族と共に過ごした大切な時間。それは良い時ばかりではないでしょう。うまくいかない時も共に過ごすことで人生に感動が生まれるのではないでしょうか。豪華さを競うことや流行を追うことよりも、そんな「住まい」づくりを目指しています。