お家づくりの現場からのレポート
「敷地調査」


2020.5.31               
こんばんは。今日は、着工前の
「敷地調査」についてお話します。

実際に現地に行って、敷地の形状や高低差、
道路との接続状況、隣地の家屋、街並み、 
交通状況などを確認します。       

当社では、設計と工務担当それぞれの視点で
確認しています。            

面積、形状が登記情報と異なる場合もあり、
隣地所有者にも立ち会ってもらうことも。 

高低差がある場合は、玄関の配置や外構計画に
影響しますし、隣地の家屋状況から窓の位置や
トイレ、バス、換気扇の配置などが影響します。

他にも電柱の位置、ガードレールの有無、  
道路交通状況により使いやすい駐車場の配置が
決められます。              

敷地調査の結果、思いのほか費用がかかる為、
計画を断念するケースも・・・・。      

何十年にもわたり住み続けるお家、建ててから
後悔してはたまりません。居心地良い生活を 
送る為にも、敷地調査は大変重要なことが  
お分かり頂けたのではないでしょうか。